法被・半纏のお役立ち

法被・半纏の専門店から毎週、お役立ち&リアルなお客様の声をお届け致します!

白色&黒色のカラー法被・半纏にはどんな効果がある?

   

白&黒 法被

カラー法被についてお送りするシリーズ企画。今回は、白と黒! このド定番カラーの、、、でも法被にしてみたら、定番ではない色についてお送りします。

白と黒が持つ効果や法被・半纏にもたらすものは? と言ったラインナップでお届けします。

特に注目していただきたいのは、白と黒が持つ力! 知っているようで知らない白黒のこと、半被・半纏というフィルターを通すことで面白い物が見えてくるのではと思います。

白と黒が持つ色の効果とは?

白と黒は、真逆の色でありながら、どちらも無彩色と言う近い関係性を持っています。

モノトーンやシルエットとして広く活用される色ですから、法被や半纏の色として採用した場合、落ち着きや風格を感じさせる色と言えるでしょう。

安価なカラー法被であっても、雰囲気という意味で、白黒は大きな存在感を発揮します。

そんな黒と白の法被や半纏が持つ効果とはどんなものなのか?

白色が持つ効果とは?

白色には、絶対的な清潔感があります。それは見た目のイメージとして、人間が本能的に感じるものだと言えるでしょう。

また、白色は光の中に含まれる色なので、物が見えて、目から色々な情報が得られるのは、白色のおかげと言っても過言ではないでしょう。

白は透明感があり、清廉で純粋穢れを知らない人を表すときにも使用されます。

気分の一新や事業計画の刷新など、低迷していた物事にけじめを付けて、新しくスタートを切る際のイメージカラー。それがまさに白色であると言えます。

黒色が持つ効果とは?

黒色には、圧倒的な暗さがある、すべての色を飲み込んでしまう色です。反面、落ち着きや冷静さ硬さや圧力などを与える色です。

黒色は白色と対比される色ですが、別に不潔感という印象を抱くことはなく、あえて言うなら、恐怖心を掻き立てる独特の色だと言えます。

これは闇に対する本能的な恐怖が、人間にはあるためです。なぜ人間は昼間に活動し、夜眠るのか? 火を使うようになり、際限なく明るさを求めるのか? これらの点に集約されます。

あえて哲学的な視点で考えるなら、黒色を好むと言うことは、人間性を失っているのではないか? こんな定義も成り立ちます。


黒色を好むことが非人間性だとしたら、白色を好むことは人間性の証明なのかもしれません。法被には関係ないですが。※あくまでも哲学的視点に立ったイメージです。

白色と黒色は法被に何をもたらすのか?

今度は、白色と黒色が法被や半纏にどんな効果を与えるのか? これについてご紹介していきます。

大前提として、法被や半纏はお祭りやイベントで使用されます。

その為、色による印象の変化はあまり起きにくく、法被や半纏がベースに持っている絶対的な楽しさ賑やかさ和の趣きなどは揺るがないものです。

これを踏まえた上で、白色と黒色が何をもたらすのか? を考えていきましょう。

白色はどんな効果を法被にもたらすのか?

これを考えていく際、白色が持つ抽象的なイメージを踏まえて読み解くことが出来るでしょう。

神聖・清潔・清純・正義・純粋・透明感など

白色は、こうした綺麗な物を想像させるカラーです。不浄な物不正な物などを除去する力を有しています。

法被や半纏は、主にお祭りなどで使用される物なので、白色はかなり使い勝手の良い色だと言えるでしょう。

軽い・薄情・放心・降参・冷淡など

白色は、こうしたネガティブなイメージも持っています。表現の中で度々見かけることがあるでしょう。

しかし、お祭りやイベントで賑やかしなどに使用される法被や半纏には、ネガティブなイメージが不釣合いであるため、この点は気にする必要はないでしょう。

黒色はどんな効果を法被にもたらすのか?

今度は黒色が本来持っている抽象的なイメージから、法被や半纏にどんな効果をもたらすのか? 読み解いて行きましょう。

威厳・神秘・高級・自信・忠誠など

黒色には、どこか近寄りがたい雰囲気があり、強さを感じさせたり硬さを感じさせる雰囲気を持っています。

この黒色が持っている力強さや硬い雰囲気は、法被や半纏に独特な雰囲気を与え、派手なお祭り衣装とは一線を画した物となるでしょう。

孤独・絶望・恐怖・暗い・拒絶など

マイナスのイメージを抱きやすいのも、黒色の特徴だと言えます。特に怖さに関する言葉が多く関連付けられます。

それはやはり前述した闇を想像させるからでしょう。しかし、法被や半纏と言った陽気なイメージのある物の影響により、マイナスを跳ね返す力を持っています。


結局のところ、法被や半纏の存在感がマイナスのイメージを消し、白色黒色の良い部分のみを活かしていると言えます。

お祭りやイベントなどで、白黒の法被や半纏をお求めになる際は、既製品が便利です。

また、既製品を使った、名入れや背中への紋入れなどを行うことも可能です。

 - 豆知識