プリント・染め方法による特徴

既成品にプリントの場合

シルクスクリーン印刷

インクを別注の半被や特注はんてんの生地の上に乗せる形でオーダーメイド制作するスクリーンプリントは、既製品のご注文時に多い1・2色程度の別注名入れや特注のロゴ入れに適しています。

版を使用する印刷方法なので、ハンテン・ハッピの制作枚数が多くなるほど一着当たりの単価が激安になります。

転写プリント

既製名前入れはんてんのデザインされていない部分に高解像度のオーダーメイドデザインを別注プリントしたいと言う場合には、転写プリントを推奨いたします。

転写媒体である名前入れはんてんに特注印刷してから法被にデザインを転写する為に、非常に高画質なグラフィック表現が半天に出来ます。

インクジェットプリント

インクジェットプリントの特徴は、フルカラー印刷が行なえることと、小ロットのオリジナル法被を制作する際、コストを抑えて、デザインの再現が行なえることになります。

細かな粒のインクを法被・半纏の生地に噴出して、繊維への固着を行う製法で、製版の必要がなく、短期間でのオーダー作成が可能というメリットを持ったプリント方法です。

フルオーダー品にプリントの場合

  • 昇華転写

    昇華転写は特殊な昇華インクを用いて、一度、デザインを転写紙にプリントし、今度はそれを高温により気化させ、オーダーはっぴ・はんてんへの印刷を行います。

    ポリエステル素材に用いられる技法で、小ロットであっても激安でオリジナル半被・袢纏を製作できます。

  • 反応染め

    長年に渡って使用される事の多い、職人さん向けの法被・半天等の場合には、こちらの反応染めが推奨出来ます。
    一般的なはんてんの染めと違って乾燥後に染めの工程が入る事から水濡れに非常に強く、洗濯などのお手入れを行っても色落ち少なくはっぴをお使いいただけます。

フルオーダーのプリント位置

  • 顔料プリント

    太陽光による退色が少なく、長年の使用でも色合いが持続しやすいと言う特徴を持っているのが顔料プリントです。

    染料では無い為に印刷が滲んでしまう事もほとんど無く、くっきりとしたシャープなデザイン表現力が魅力です。

  • 反応インクジェット

    反応染めに使用される特殊インクをインクジェット方式に噴射してフルカラーの染めを実現します。

    綿素材に使用出来まして、今までにない多彩な表現が可能。もちろん法被・半天そのものが持つ生地感が失われず、高耐久な印刷方法の一つです。

法被・半纏の製作用途
プリント・染め方法による特徴
セミオーダー/フルオーダーの特徴
法被・半纏について
当店について
全サイトの一覧